アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花」のブログ記事

みんなの「花」ブログ

タイトル 日 時
カンナ
カンナ        線路に耳を当てし日や花カンナ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/27 09:52
へくそかづら
へくそかづら  のびのびとフェンスに絡みついてた、へくそかづらの花を撮って来たのでいくつか詠んでみました。 古くからすでに「屎葛(くそかづら)」と呼んでいたようです。初めでしょうか、万葉集に詠まれてあるようです。スゴイですね。誰が名付けたのでしょう。「灸花(やいとばな)」と言う名はその後に付けたのでしょうか。へくそかづらではあんまりだと思って。俳句では、どちらも季語として使ってるようです。何故、屁糞葛という名が付いたかと言うと、葉や蔓を千切ったりした手を嗅いだら臭いが物凄いんだそうです。花は小さな花です。名... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/08/21 09:08
鳳仙花つまくれなゐ
鳳仙花つまくれなゐ  ほうせんかをプランターに植えたことがあります。育てやすい丈夫な花だったように思い出します。今年も植えようと思って種を買っておいたのに、袋をどこにしまったか忘れて探しても見つからずにとうとう時期を逃してしまいました。よくあることです。 鳳仙花と言えば、島倉千代子の歌を思い出します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/14 09:30
綿の花・犬枇杷
綿の花・犬枇杷        息切れて散歩やすめば綿の花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/08 10:48
ハンカチと浜木綿
ハンカチと浜木綿        アイロンの折目まつ直ぐにハンカチ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/30 11:32
なまぬるき風払えポンポンダリア
なまぬるき風払えポンポンダリア  今日の俳句は「ダリア」で詠んでみました。 台風は植木鉢ひっくり返しただけで明け方には通り過ぎたけど、その後の風の生温いこと!フェーン現象と言うのでしょうか。窓を開けたら生温い風が入って来ます。ちっとも風らしくありません。涼しい風よ吹いてくれよ。と言う思いです。どこからか時おり聴こえる風鈴の音が、耳に涼しい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/07/29 14:56
昼寝と、じゃがいもの花
昼寝と、じゃがいもの花        昼寝覚め浦島太郎の爺かな ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/28 15:54
向日葵
向日葵        カフエにて君へスマホの白絣 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/27 21:00
蓮の花
蓮の花  今日の俳句は蓮の花で詠んでみました。 季語を見てみると「蓮、蓮華、蜂巣、蓮の花、紅蓮、白蓮」等々いろいろありました。蓮の花で詠むのは初めてです。蓮は高尚な人向きで、僕なんかには畏れ多くバチ当たり気がして素通りしていました。^^きっかけは、寅さんの歌です。そう、「男はつらいよ」の主題曲です。何で寅さんなの?とお思いでしょう。ジャーン、チャラジャンラ、ラララランラ、ララララララララジャーン〜(イントロです)「…ドブに落ちても根のあるやつは いつかはハチスの花と咲く…」ここ、このフレーズです。作詞... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/25 20:32
昼顔
昼顔        昼顔やひとり酒場で飲む酒は ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/24 16:37
サルビア
サルビア        冷凍のコロッケ揚げて夏破裂 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/23 10:53
夾竹桃と夏萩
夾竹桃と夏萩        紺碧の空へと白夾竹桃 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/22 17:50
浅沙の花と川蜻蛉
浅沙の花と川蜻蛉  先日、浅い池か沼みたいなところに、初めて見る黄色の小さい花が咲いてるのを見つけ、とりあえず写真を写しておきました。そのときに黒っぽいトンボがひらひらと飛んでるのが目に映り、「坊さんトンボかな?(おはぐろトンボ)でもちょっと違うような。真っ黒ではないし」と、これも初めて見るトンボかも知れないと思って写しておきました。 家に帰ってパソコンに取り込んで調べてみました。そうすると、花は「浅沙」の花で、ちゃんと夏の季語に載っていたのです。そしてトンボは、たぶん「蝶トンボ」ではないだろうかと思えたのです... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/21 18:27
月見草
月見草        のたうってSOSのみみずかな ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/19 20:58
グラジオラス
グラジオラス        サイダーや君のハートの透き通る ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/17 18:28
南瓜の花
南瓜の花        涼しさや叢にゐる白い蝶 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/16 14:51
白百合
白百合        キューポラのある街や白百合小百合 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/12 14:23
蛇の目草
蛇の目草        ぼんやりとして戻りゆく夏の宵 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/11 21:14
扇風機と、白粉の花
扇風機と、白粉の花        うなだれて反省の吾と扇風機 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/10 21:31
出水と、紫陽花
出水と、紫陽花  各地で大雨による被害が拡大しています。牙をむく大自然は人間の予想をはるかに超えて襲いかかります。 たまたま今回この土地には雨量が少なかっただけで、自分の住んでる地域もいつ大雨の被害に遭うかもわかりません。あらためて生きてる地球を考えます。その上に住まわせてもらってることを。  子供のときに、大雨で橋が浸かり村中が水害に遭ったことを思い出しました。小学校の低学年のときでした。 家は藁葺の粗末な家だったので、母が「流さるるごたっち、おじい。(流されるようで恐い)」と、家族で肩を寄せ合って状況... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/07 20:37
凌霄花
凌霄花  若い時バイトしていた庭に、塀から乗り出して咲いていたのを思い出します。 このとき初めて名前を知った花です。塀の下にたくさん散っていて、毎朝それを掃くことから始めていました。 そんな懐かしい昔を思い出す凌霄花です。 凌霄花と書いて、のうぜんかずらと読むのですね。「のうぜんか」とも。とても寿命の長い木だそうです。それで、縁起が良いからと庭木に植えられるのかもしれませんね。梅雨時に、明るい色で和みます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/06 16:49
沙羅の花
沙羅の花         昼寝覚め地球はやはり回つてる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/05 15:34
ほほづきの花と青鬼灯
ほほづきの花と青鬼灯        青鬼灯あすへあすへと歩くのみ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/04 08:41
茄子の花
茄子の花        ひらめきの朦朧として茄子の花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/03 16:44
たうもろこしの花
たうもろこしの花  今、玉蜀黍の花が咲いてるのをみかけます。花というほどではないかもしれませんが、淡い涼し気な色です。 子供の頃から馴染みがあるため、幼い頃を思い出して詠んだ句が多くなりました。「とうきび」と呼んでいました。 畑に並んで植わってるノッポの玉蜀黍は、何だか見てると楽しくて声をかけたくなる気持ちでした。 長い葉は、正方形に切って、蒸し饅頭の下に敷くのに祖母が利用していました。そんな懐かしいことも思い出します。句は「南蛮の花」で詠みました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/02 16:55
時計草
時計草         時計草3時のおやつはプリンです ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/28 07:48
鬼百合
鬼百合  鬼百合はどうして鬼の名が付いてるのだろう。鬼アザミというのもあるけど。 アザミは鋭い棘のある葉で何となく納得するけど、鬼百合にはそんな棘は見当たらない。付けた人が、色で赤鬼を連想したのかもしれない。(ここで中断して調べて見たら、やっぱり、朱色が赤鬼を連想するところから付いたらしい。単純すぎるぅぅぅ。でも、調べたおかげで一句ひらめきました。)鬼の付く花はけっこうあるようです。実にもありました。鬼胡桃など。 鬼百合の花は、田舎で子供の頃からよく見かけました。野や道端でも。生命力の強い花なのでし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/27 20:32
くちなしの花
くちなしの花        梔子のかをり迎ゆる無人駅 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/25 08:37
青空ひとりきり
青空ひとりきり  そんな歌があったような。今日は朝から久しぶりの快晴です。 その分、午後から気温が一気に上がりそうです。 (写真はちょっと前のものです。まるで秋空みたい。) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/22 08:53
泰山木の花
泰山木の花      梅雨寒や摑まりながら立ち上がる ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/20 09:27
公園にのら猫消へて山法師
公園にのら猫消へて山法師  広い公園内を散歩してるとノラ猫によく出会ったものだ。 仲良しなのか二匹で追いかけっこしたり、飛びついて逃げたりじゃれあったり。また、お気に入りの場所なのか、いつもの場所にいつも独りじっといたもの。冬の暖かな日差しの叢で日向ぼっこしてた姿など、あれこれ思い出される。 今はめったに見かけることはなくなった。 少し前のツツジの頃に、一匹が走ってどこかへ急いでるのに出会ったが、お腹が大きかったような気がした。 どこかで子猫を産んで育ててるかもしれない。そうだったらいいのにな。 猫のいる公園い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/05/23 09:11
薔薇と猫と月と子ども
薔薇と猫と月と子ども          花いばら子猫も爪を研いでをり ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/21 22:01
つつじ咲き穏やかに日の暮れにけり
つつじ咲き穏やかに日の暮れにけり          つつじ咲き茶飲み友だち集ひけり ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/19 07:24
童謡のイントロ浮かぶ花みかん
童謡のイントロ浮かぶ花みかん  明るいイントロがすぐ浮かびます。 チャラチャッチャッチャ チャチャチャラ チャチャチャチャララ… でも、ここらはみかんの花が咲いても海は見えません。見えないだけに想像が広がります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/13 20:56
ジャスミンの気だるく香る昼下がり
ジャスミンの気だるく香る昼下がり  ジャスミンももうそろそろ終りです。 そう好きな香りではないです。でも、気分転換にたまに飲むジャスミン茶は好きかな? (〃艸〃)矛盾しています。 嫌いな香りというのではないけど。モア〜と来るむせるような独特な香りのフンイキを無意識に警戒してるのではないかと、自己分析してみました。まだ思いきり吸ってみたことがありません。(くらくらしてしまいそうで)来年は試しに一度吸ってみます♪ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/10 13:29
明日へとくぐりぬけゆく花水木
明日へとくぐりぬけゆく花水木          君のこと何故か考へ花水木 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/08 08:08
遠き日を面影草に偲びけり
遠き日を面影草に偲びけり          池の面に鏡の如くかがみ草 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/07 14:06
春深し
春深し          逞しきファイトファイトの葱坊主 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/29 19:46
リラ冷えの朝の珈琲マグカップ
リラ冷えの朝の珈琲マグカップ          リラの花バタやんディック裕次郎 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/28 06:32
そら豆の花、えんどうの花、巣箱
そら豆の花、えんどうの花、巣箱          そら豆の花や奥目のまっちゃん ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/25 17:54
大根の花の向かうに父母の居り
大根の花の向かうに父母の居り  大根の花もそろそろ終わろうとしています。 そして、種の鞘が膨らんで来ています。 四月も、もう今日を入れて一週間。晴れ渡って気温の上がった日は、もう初夏を思わせます。 楠若葉が目にやさしい色して瑞々しく、眩しく照っています。 昨日の夕方に近寄って見たら、枝状の細い茎に小さな花の蕾を付けていました。 みかんも、濃い葉陰に膨らんできてる蕾がいっぱいでした。 今日明日あたり一つ二つ開きそうです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/24 11:24
おむすびの三つ葉つつじの色ほのか
おむすびの三つ葉つつじの色ほのか  まだ肌寒い三月中旬の木々の中で、木漏れ日を浴びて一つ二つ咲いてるのを見たのが初でした。 それから日毎に咲いて行ったのでしょう。雨が降るとたちまちです。 再び訪れたときはもうあちこちで木々いっぱいに咲いていて、遠目にも鮮やかな色が眩いほどでした。 仰ぐと、目の覚めるようなピンクが日に透けてライトのようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/16 08:07
クリーム色の日向水木の豆灯り
クリーム色の日向水木の豆灯り  和名を探してみたけど、あまりピッタリの色がありませんでした。 日に当たってる感じは明るくて、クリーム色に思えます。 土佐水木は房状です。土佐水木の写真もと思ったけど、もうすでに散ってしまって若葉が出ていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/11 07:09
チューリップ愛の言葉はストレート
チューリップ愛の言葉はストレート          愛らしき飾らぬ君やチューリップ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/08 09:20
夜桜お八。
夜桜お八。  何とも情けない。 夜桜お七ならぬ、うっかり夜桜八兵衛です。 写真を撮っていて、段差に気づかずスッテンコロリンしてしまいました。 幸いに、毛がありませんでした。(*´▽`*)   桜の句は多いけど、意外と名句はあまり知りません。 詠むのはやさしいようで案外ムツカシイようです。(実感) 今日は夜桜に絞ってみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/07 10:58
祖母の髪の香なつかしき島椿
祖母の髪の香なつかしき島椿  椿油は懐かしい良い匂い。 祖母を、若き日の母を、懐かしく思い出す匂い。 鏡台にいつも瓶があったっけ。 だーれも居ないときそっと匂いを嗅いだっけ…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/05 08:49
わたあめに桜ひとひらふたひらと
わたあめに桜ひとひらふたひらと  わたあめも進化しているようです。 形も変わって、色も少し変化をもたして。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 3

2016/04/04 08:58
たおやかに燻らすごとく雪柳
たおやかに燻らすごとく雪柳          単調なピアノの指や雪柳 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 09:41
なーんにも考えなくてチューリップ
なーんにも考えなくてチューリップ  チューリップが日に日に咲いて来ました。 赤、白、ピンク、黄色に紫と。 まだ全体の半分も咲いていません。 四月に入ればだいぶ咲いて賑わうことでしょう。 チューリップを見てると明るい気持ちになりますね。 まるで、くったくの無い幼児のようです。 お日様にバンザイ\(^o^)/ お空にバンザイヽ(^o^)丿 小鳥の声にバンザイ(/・ω・)/ チョウチョにバンザイ\(-o-)/ おねむになったらクッタリと。(∩´∀`)∩ チューリップを見てると少し元気になります。 前向きになりま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/30 11:27
チューリップぱっとひらきてチューリッパ
チューリップぱっとひらきてチューリッパ  早咲きなのでしょうか。丈の短いチューリップが開いて来ました。 子どもたちの好きなチューリップ。幼稚園にはたいてい植えられていますね。 チューリップ組というのもありそうです。 「咲いた咲いたチューリップの花が 並んだ並んだ赤しろ黄色…」  ところで先日、卒園式だったのでしょうか。正装の父兄が集まって来ているのを通りすがりに見ました。 大き目な音でBGMが流れていました。耳にしたそのBGMに何だか腹立たしさを覚えました。 大き目な音は気になりません。問題は選んでる曲です。 園児も知ら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/27 10:41
青春の一ページなる辛夷かな
 辛夷の花というものを初めて知ったのは二十歳の頃。 それは、実際に花を見て知ったのではなく、手にした一冊の詩集の中の、辛夷の詩からであった。 矢沢宰の「光る砂漠」その中にあった。 そうして、何年過ぎただろう。三年過ぎた頃だったろうか。 ある春の日に、実際に辛夷を目にしたとき、矢沢宰の詩と重なり感動した。 そのとき目にした眩しい白さが、ずっと今も白いままに心にある。 他の白いどんな花よりも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/26 08:47
柳の芽と花。
 もう今は芽も葉となり、すっかり花が咲いています。 遠目には花とわかりにくいけど、近づいてよく見ると咲ききっています。 この猫柳に似たものが、もう少ししたら絮になり飛ぶのでしょう。 柳の芽、芽柳はもっと初めの頃です。葉が伸びて来ない丸い頃です。青い豆なカンジの頃です。 もう写真は間に合いません。これらはもうみな伸びています。 芽柳の時期は、あっという間に過ぎます。花の時期もあっという間です。 待ってくれません。つれない潔い柳なのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/25 07:40
紅白を合はせ持ちたる紫木蓮
 木蓮は地球上の最古の花木だとか。知りませんでした。そんな大昔からあったんですね。しかも、一億年以上も前から今と変わっていない形なのだそうです。 すごいんだね。木蓮て。感動するよ。たいしたもんだよ木蓮さん。ねえ、木蓮さん。ねえ。ねえってば! 木蓮に話しかけても目もくれん ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 08:47
チューリップの芽
 今日はチューリップ一句と、チューリップの芽で詠んでみました。 公園等に植えられてるチューリップはこれから咲いて来ますが、まだほとんど蕾も見られません。 その芽も、見てると他の花の芽と違った味わいがあります。 球根の、咲くチューリップの花の種類によって出た芽の葉の形も違うようです。 「チューリップの芽」だと長いのですが。破調で詠んでみました。 四月に入ると、だいぶ咲いて来るかと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/21 09:24
白モクレン
 あちこちで白木蓮が満開になっていました。 もうすっかり散ってしまった木もありますが。 散ってしまった木は寂しい。木蓮はことさら寂しい。 この木もあと数日だろうか。咲き誇ってるときに出会えて良かった。 おまえたちに出会えて本当に良かった。何という美しさだろう!素晴らしい!神々しくさえある!おおぅ!うおおお! もくれんよ褒めても何もくれんかな ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/18 09:53
星の瞳
 別名「星の瞳」のイヌフグリ。 高浜虚子も星で詠んでいますね。初めに星で詠んだ句があると、よほどの句でないと惹かれません。虚子の句を知ってか知らずか、たぶん星で詠んだ句はいっぱいあると思います。たいていは星の発想をしますからね。 こういう僕も同じです。前に詠みました。 今日は犬ふぐりの色に注目して詠んでみました。2句だけですが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 13:45
青空に雲ゆったりと白辛夷
 辛夷の花が咲いて来ました。 辛夷は九州にもあるのでしょうが、若い頃は花にそう関心がなかったこともあり、田舎では見かけた記憶がありません。高く育つので子供の頃はあまり関心をもって見てなかったのかもしれません。高くても、棕櫚の花は、バナナを想像させるため子供はすぐに見つけます。大人は無関心です。子供は梯子をかけてでも摘み取ります。食べれもしないのに。摘まずにはおれないのです。たいていは千切って投げ合ったり、女の子のママゴトに使われて後は地べたに小さく千切られてそのままです。 辛夷が街路樹... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/12 11:37
三月のリセットしたる気分かな
 ようやく、今日から三月。 待ってた三月。長かったような、あっという間のような。 くもりの天気予報に反して晴れている♬ 今朝、目が覚めて枕元の時計を見たら、丁度三時三十三分だった。何か今日はラッキーな一日になる! かもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/01 09:42
蝋梅や揺らめき融ける角砂糖
 もう梅が咲き始めました。 写真の蝋梅はひと月ほど前に撮ったものです。今はもう終わりかけています。 コブシやモクレンはまだ蕾です。ひとつくらい咲きかけてるかとコブシの大木を見上げて見たけど、まだみんな蕾でした。 ミツマタはちょっぴりオレンジ色を覗かせて咲きかけていましたかね。 天気の良い日は野原に空地に、もうすっかり、イヌフグリの青い瞳がいっぱいです。 タンポポ、ぺんぺん草、仏の座は今や一年中咲いています。温暖化のせいでしょうか。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/02/10 10:08
マッチ売りの少女の夢や冬薔薇
         冬薔薇や超絶技巧練習曲 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/09 11:53
冬コスモス
         冬コスモス自転の止まりさうな夜 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/06 11:37
さびしさに慣れたる日々や枇杷の花
         枇杷の花風が話かけたやうな ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/05 07:33
これよりは八手の花と引きこもる
いつの間にか八手の花が咲いていた 用事に追われていた時には気づかなかった そこだけ時が止まってるかのように しずもり 八手の花が咲いている 土蔵の裏に ひっそりと 昔のままに咲いている ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/02 10:23
山茶花とのら猫と陽を浴びてをり
         猫の尾の山茶花散りて跳ね上り ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/01 07:28
皇帝ダリアあれ買うてえと子のねだり
 とうとう冬が来たか。来んでもいいのに。冬は苦手なんだよ。 追い返すこともできないから春が来て去るまで、これから数か月は長いけど、気長に付き合うしかない。 ストーブも点けた。昨日はその上で焼き芋を焼いた。この冬初めての焼き芋。 旨い。旨すぎる!わいは焼き芋を焼く天才やで。ふっふっふ ストーブの上でも美味しく焼けるものだ。 焼き芋屋さんは最近は軽の車で売り歩いてるのかな?昔はリヤカーに長細い煙突を立てて売り歩いてたのをよく見かけた。あの煙突からの「ポー」といった音が好きだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/29 09:53
自由って何セイタカアワダチ草
         空地のピエロ背高泡立草 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 09:48
平穏に過ぎゆく日々や秋の薔薇
 秋も薔薇が美しいもんだな。 と、そう思ったのは最近のことだ。 薔薇が一番美しいのは歌にもあるように、五月の薔薇だとずっと思っていたから。 ふと、秋の薔薇の美に気づいたのは、齢のせいかもしれない。 若い時には見えなかったものが見える齢になったんだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/26 10:08
野菊
 唱歌の「野菊」が好きだ。3番までみな好きだけど、2番の「とんぼをかろく休ませて…」のフレーズに惹かれる。 近くに一面に野菊の咲く空き地があったけど、残念なことに埋め立てられて整備され、今は叢の面影もなくコンクリートの駐車場になってしまった。 歌詞にあるように、どこか気高い気品も感じます。それでいてやさしい感じがします。 コンクリートの隙間から生えて来ないかなあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/22 09:15
秋明菊
別名、貴船菊のこの花は中国から古い時代に入ってきた帰化植物とのことです。 でも手元の歳時記には載ってません。「菊」にひとくくりされてるんでしょうか。 菊と付いてるけど、菊ではありません。 調べてみましたら、きんぽうげ科で、アネモネの仲間だそうです。ちっもしらんかっとっんてんちんとんしゃん。別名は貴船菊の他、地域によってでしょうか「加賀菊」「越前菊」などとも呼ばれてるようですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/13 09:10
おしろいの花
 いつの間にか、おしろい花の実がたくさん黒く実っている。 つるんとしていなくて、独特な凹凸がある面白い種だ。 爪で子供でも割ることの出来る硬さだ。 割ると、中に薄黄緑の薄い皮に包まれたものが出て来る。 それを破り、白い塊をつぶして、白粉の代わり女の子たちが顔に塗ったりして遊んだ。 おしゃまさんがママの真似をして。 塗るといっても、きれいに満遍なく塗れるわけもなく、頬や鼻筋、おでこにまばらに付くくらいだ。 そんなままごとに興味しんしんで加わる男の子がたまに一人はいたりする。 塗って... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/10 19:26
コルチカム
 葉は花が終わって出て来るようです。 土の上に花だけ咲いてるのは何か不思議な感じがします。明るい柔らかい色なだけに。 あまり長くは咲かないと思うので、もう終わってるかもしれません。 これを写したのは二週間ほど前です。天気の良い日で暑いほどでした。 サフランとは違うようですが、別名は「犬サフラン」です。 季語を歳時記で調べたけど、まだ載ってないようです。 コルチカム コルャチカム コリャチカム  コリャイカム コリャイカン! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/07 16:51
秋の朝
 秋暁やコーヒーの香にスイッチオン と、いかない今朝であるるの女。つらいのであるぷすの少女ハイジ。わらのなかなぜいつもあったかいのおしえておじいさん。 それはじゃな。のら猫がいつももぐりこんで寝てるからじゃよ。 どうもハイジはあまり好きじゃない。おてんばはきらい。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/05 08:40
いたどりの花
 「いたどりの花」は夏の季語ですが、九月も活き活きと咲いていました。 写真は九月も終わり頃に撮ったものです。遅咲きでまた種類も違うのかもしれません。夏に見かけたイタドリの花は、こんなに勢いよく咲いてるのは見なかったです。まばらに地味なカンジでした。 漢字でイタドリを「虎杖」と、どうして虎の字なんだろうと、ずっと思っていましたら、虎の模様に似てるところからだとか。 北原白秋の童謡の「土手のすかんぽ」の歌詞に、「土手のすかんぽジャワ更紗」とありますね。 これは、すかんぽ(イタドリ)の赤いメジ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/03 08:36
雨上がりコスモス揺れて来し便り
 「雨上がり」と来て、「コスモス」と来れば、すぐバレちゃいますね。 さらに「便り」と続けばもうバレバレですね。 そうです。ダ・カーポの「結婚するってほんとですか」の歌詞から詠みました。 ルルル ルルル ルルルルル♪ この歌ももう40年経ったのでしょうか。なのに今も新鮮に聴こえます。 「秋桜」とコスモス。微妙に感じ方が違ってくるから面白いです。 山口百恵の歌は「秋桜」でしたね。か細い病気がちなお母さんのイメージ。新珠三千代が浮かんで来るのはどうしてでしょうか。母が見てた「細腕繁盛記」を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 09:57
メランコリックなりし日や秋薔薇
 ことごとくツイテナイ日だった。たまにこういう日があるものだ。 それで、耳成山に登るつもりだったけど、途中で気が変わって早めに帰って来た。 朝はそんなことはなかったけど、夕方になると少し憂鬱になって来た。夕方に曇ってきた天気のせいもあるのかもしれない。朝の空は秋の雲が気持ちよく広がっていたもんなァ。 帰り道、久しぶりにCDを借りて来た。気分転換したい気もして。 ド演歌!艶っぽい大月みやこも借りた。セリフ入りを憶えようかな。「うちは信じられへん」(^^♪ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/30 21:46
口遊む浅川マキの彼岸花
 彼岸花ももう色褪せたのが目立つようになりました。 それでも叢などにポツポツと咲き始めたものもあって、まだしばらくはどこかで見ることがあるでしょう。 タイトルの意味は、「港の彼岸花」という歌のことです。切ないカンジの歌です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/25 10:03
悪なすび
夏の野の花ですが、まだ咲き残っていました。 もうそろそろ終わりでしょうか。 紫ではないけど茄子の花によく似て、清楚な感じがします。 葉や茎にトゲがあるので、悪の字が付けられたようです。 トゲがなかったら、庭や鉢に植えられることでしょう。 それを嫌っているのかも。 野や道端に、自由に咲くのが好きで。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/23 14:08
秋ダリア
 ダリアは夏の季語ですね。でも、ダリアって、秋もきれいに咲いていますね。こういう場合、俳人は何と詠むのでしょう。わからないけど「秋ダリア」で詠んでみました。「冬コスモス」などと言うからたぶん良いでしょう。 「皇帝ダリア」を冬の季語に入れてる進んだ歳時記はあります。けど「秋ダリア」は見当たりません。秋なのに「ダリア」で詠むんでしょうかね。だりあ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/23 10:36
ジンジャーの花
         清々しさや白きジンジャーの花 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/21 15:31
コスモス
         コスモス囲みてシャルウィダンスかな ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/21 14:25

トップへ | みんなの「花」ブログ

どこまでも行ける切符 花のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる